旅行へ行くなら吉方位に行って楽しく開運しよう!~TMG4channel~

お仕事の依頼はこちらまで:ilovezaku24@gmail.com

フィットがおすすめ!寿都までレンタカーを使って夫婦で車内泊

こんにちは!

TMG4(夫・婦)です。

 

久しぶりに2人の方位が合ったので、西へ夫婦で方位取りに行ってきました。
愛車カローラⅡを売却して以来、初めてのレンタカーを使った車内泊を決行しました。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506144718j:plain

レンタカーで選んだのはフィット。

いろいろと自分たちでも調べた結果、使い勝手のよい車だと聞いていました。
さてさて、そんなフィットを使った「他人の車での車中泊」は、どんな旅行になったのでしょうか。

 

車中泊したいけど、自分の車がない!」

 

とお嘆きの方は、一度ご覧ください。

 

<もくじ>

 

 

なんでレンタカー使ってまで車中泊したの?

ææ³å®¶, æè, 人, ã¢ã¤ãã¢, çåã«æã£ã¦, 身æ¯ã, åé¡, ææ³

 

車中泊を考える人は、多くの場合自家用車でやります。

なぜなら、レンタカーではそもそも自分たちが持っているグッズだけでうまく車中泊できる保証がないからです。

 

しかし、私たち夫婦は、

 

「寝床さえしっかりしていればどの車でも寝られる」

 

ことを、カローラⅡという車中泊には圧倒的に不利な車で体感していたため、フラットな地面さえ確保できれば車中泊は可能だという仮説を立てていました。

 

とはいえ、わざわざ狭い空間で二人で寝るなら、安宿でもいいからホテル取れよ、という意見も気持ちも分かります。

しかし、費用対効果を考えると、普通の宿泊は車中泊に比べて割高です。


吉方位旅行という視点から今回の旅行先を見てみると、我が家から西のエリアはあまり距離が取れません。
最大で約100kmといったところです。


当初の計画では、

 

  • 源泉かけ流し温泉がある
  • 宿泊先が選びやすく泊まりやすい
  • 高速バスの本数が多く、予約なしで乗れる

 

以上のことから、2人でバスを使って岩内町へ行こうか~と話していました。

 

しかし、婦ひとりなら安全を考慮して上記のバスを使っての旅行が確実ですが、夫婦2人となると距離と相対的にお金がかかります。

 

「レンタカー借りて車内泊したら交通費と食費だけで済むじゃん!!」


冒険野郎な二人の血が騒ぎました(笑)。

 

 

ワンズレンタカーでフィットを借りる


今回はワンズレンタカーで車をお借りしました。

www.ones-rent.com

 

全国展開しており、料金体系が明確で、車種が幅広いのでよく使っています。
ただお店によって置いてある車が違ったり、必ずしも新車が当たる訳ではないので、その辺を割り切れる方にオススメです。

 

予約したフィットのスペックは、

 

f:id:yacchatta-my-life:20190510010004j:plain

  • 平成18年式
  • 1,500cc/AT/4WD
  • スタッドレスタイヤ装着(※北海道は4月まで事実上の冬です)
  • 禁煙車
  • 走行距離127,784km

 

距離を走っている割にはホンダらしいきびきびとした足回りで、整備がしっかりされていると感じました。

オーディオはCD/AM/FMが聞けました。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190510010208j:plain

 

あとドリンクホルダーの手前にAUX端子がついています。
今回カーナビは借りなかったのですが(別途加算)、借りたらここに端子が繋がっているのでしょうか。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506145050j:plain

 

帰って寝る準備をする

 

いったん帰宅して寝床づくりです。

 

①後部座席を倒す

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506145121j:plain

フィットすごい!ほぼ平らだし広い!
普通車でこの荷室の広さは感激です。


ホンダのデザイナーさんはアウトドアレジャー好きが多いのかな?
ただし真ん中の段差が気になるので埋めましょう。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506145213j:plain

②長座布団2枚で隙間を埋める

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506145243j:plain

下に低反発の長座布団・上に綿入り長座布団を敷いて、段差部分を埋めます。
段差が低いのでスノコは必要ありませんでした。

 

③3つ折りマットレス2枚を敷く

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506145304j:plain

3つ折りマットレスはシングルサイズを使っています。
まずスポンジのマットレスを、トランク側を2枚に折って敷きます。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506145334j:plain

次に低反発のマットレスを、運転席側2枚に折って敷きます。
マットレスを互い違いに敷くことで、平らになるよう整えます。

 

寝心地を確認したら出来上がりです!

 

寝袋2人分を展開するとこうなります。
寝袋は-20℃まで耐えられる仕様のものを使っています。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506145412j:plain

それぞれ仰向けで寝ても狭く感じなかったです。
サイドに凹凸がありますが、横向きになった時うまい具合に体のラインにはまったり、隙間に貴重品や小物類を置くのに活用しました。
何より頭上空間があるので、起き上がった時や移動する時窮屈さを感じません。

 

ちなみにカローラⅡで寝床を作った時の写真↓

f:id:yacchatta-my-life:20190506145458j:plain

えらい違いですね…(汗)
これに2人で寝てたなんて信じられない。

 

運転席を前いっぱいに出して倒すと、足元に20cmほど隙間ができます。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506145528j:plain

今回はバッグや折り畳み椅子等でここを埋めずに寝ましたが、あまり気にせず足を伸ばして寝ました。
足がぶらぶらしているよりは足置きがあったほうが寝やすいのは確かなので、気になるなら埋めたほうがいいかもしれません。

 

いよいよ出発!寿都町へ!


寝床が出来上がったら出発です。
目的地は寿都町です。
下道で向かいますがちょっと行きたい場所があるので、早めに着くといいなあ。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506145640j:plain

所々路肩に雪が残っていますが、道路は完全に乾いていて走りやすいです。

ふきのとうが沢山芽吹いています。

いつも混雑している小樽市街ですが、この日はスムーズに通過できました。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506145707j:plain

「後志(しりべし)道」?

f:id:yacchatta-my-life:20190506145736j:plain

どうやらまた新しい自動車道が開通したようです。
※画像はNEXCO東日本より

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506145806j:plain

ずいぶん山間に道が出来ているようですが、観光シーズンになると片側1車線しかなくて、迂回路がない国道はものすごく渋滞するので、これで分散されるといいですね。

 


海だーーー!!(テンション爆上げ)

小樽を抜けるとずっと日本海が望める風光明媚な道となります。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506145859j:plain


今更西へ運転して行く時の注意ですが…
行きは日が沈む方へ・帰りは日が昇る方へ行くので偏光サングラス必携です!


今回は両日とも天気が冴えなかったので必要なかったですが、お天気が良い時は運転していて辛いです。
また海で乱反射してまぶしいんだわー。


余市町から国道の分岐を岩内方面に走ると、仁木町に入ります。

道内有数のフルーツの里として有名です。

f:id:yacchatta-my-life:20190506145926j:plain



まだ春先なので営業しているお店は少ないですが、果樹を剪定したり、下草を整えている様子が見えました。

 

さらに進むと稲穂峠にさしかかります。

標高の低い峠ですがカーブの角度がきつかったり、道幅が広くて思った以上にスピードが出やすい道です。

f:id:yacchatta-my-life:20190506150032j:plain



思わぬところで「白黒くるくるパンダさん」が待ち構えているのでご注意ください。

 

あと峠頂上にある稲穂トンネルは、道幅が狭くて体がきゅっとすぼまります。
対向車線にトレーラーや観光バスが来ると、ぶつからないかヒヤヒヤします。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506150103j:plain

峠を越えて国道を道なりに進むと岩内町です。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506150136j:plain

ここのお肉屋さん随分賑わってるなあ…。
調べてみたら味付きジンギスカンが一押しだそうです。

f:id:yacchatta-my-life:20190506150246j:plain



コロッケとかメンチも売ってると旅先で行きやすいんだけど。
機会があれば今度立ち寄ってみよう。

 

岩内市街を抜け、国道229号を寿都町方面へ進みます。
大小さまざまなトンネルや、奇岩のある海岸線で飽きさせません。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506150311j:plain

前方に風力発電所が見えてきました。
寿都町カントリーサインに描かれている有名なスポットです。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506150407j:plain

寿都町は「だし風」と呼ばれる局地的な強風が吹くそうで、漁業などに影響があり、長い間悩みの種だったそうですが、これを活かして全国の自治体で初めて風力発電所を設置しました。


強風といえば、婦は「からっ風」が吹く群馬から来たのでこのお話を聞いて大いにシンパシーを感じてしまいました。

風車が間近に迫ってきたら、目指す場所はもうすぐです。

 

寿都には誰もを受け入れてくれる温泉がある


やってきたのは「寿都温泉ゆべつのゆ」です。

yubetsunoyu.com

 

出発から約3時間で到着しました。
途中コンビニで休憩しましたが、なかなか早くたどり着きました。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506150504j:plain

こちらは一部循環使用ですが、かけ流しの源泉2種類を楽しむことができます。

f:id:yacchatta-my-life:20190506150910j:plain

敷地内には宿泊用にコテージが3棟建っています。
(定員8名・6名・4名が各1棟ずつ)

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506150547j:plain

ちょっと割高なので、私達は泊まったことはないですが(車内泊の用意をしてるし)、いろいろ備品が揃っているし、温泉が敷地内なので気の合う仲間やご家族で泊まるのに最適だと思います。

今日は一組泊まられているようですね。

f:id:yacchatta-my-life:20190506150615j:plain


 

靴箱は鍵式ロッカーになっています。
入湯料は大人500円・小人250円・幼児無料です。

f:id:yacchatta-my-life:20190506150637j:plain



自販機で券を購入してフロントの方に渡します。
コインロッカーはないので、貴重品や大きい手荷物がある場合はフロントに預けます。

 

休憩所は40畳もある大広間と、ベンチ席とTVのある広間が用意されています。

f:id:yacchatta-my-life:20190506150718j:plain

f:id:yacchatta-my-life:20190506150739j:plain


貸切出来る有料の座敷もありますが、使っているところを見たことがありません(笑)

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506150810j:plain

無料のお茶と冷水の出る給水器、白湯の用意があります。
この他にジュース類の自動販売機があります。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506150842j:plain

フロントの横には地場産の野菜や海産物加工品、地元の銘菓などが販売されています。
お芋大好き(婦)はさつま芋とじゃがいも「さやあかね」を買い逃しました…。

 

浴場なのに食堂がうまいという謎


我々が少々急いだ訳とは、施設内にある食堂が目的です。
「レストランやまもと」です。

f:id:yacchatta-my-life:20190506151023j:plain

椅子席と座敷の大広間で食べられます。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506151046j:plain

メニューはこちら

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506151106j:plain

注文は卓上にメモ用紙とペンがあるので、それに書いてカウンターに出して先払いです。
(現金のみ)

f:id:yacchatta-my-life:20190506151127j:plain



引き換えに番号札をもらいます。
出来上がったらマイクで「32番、○○○出来上がりました~。」と呼ばれるので取りにいきます。


ドレッシングや醤油などの調味料と箸・スプーンなどはカンター横に置いてあるので各自で取ります。
空いた食器類はカウンター横のワゴンに置きます。

 

 

さて注文した品は…

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506151210j:plain

夫:天ぷら定食

野菜から海鮮まで、非常にバランスよく天ぷらが乗っかっています。

エビ・ナス・タマネギのかきあげと、かなりボリュームを感じさせます。

 

個人的に好きなのは大葉(シソ)の天ぷら!

爽やかなのに衣が肉厚に感じられ、一口で二度おいしいです。

 

婦:ざんぎ定食

2~3口ぐらいの大ぶりに切られた鶏もも肉のザンギ(北海道のから揚げの言い方)が9個載っています。

f:id:yacchatta-my-life:20190506151250j:plain


表面がカリッカリで中から肉汁がほとばしる!
外で食べるザンギはニンニクを使っている店が多いのですが、ここはさっぱり生姜と醤油が効いていてあっさりして食べやすいです。

 

ザンギと言えば自分の中の第1位は釧路のお弁当のヤムヤムですが、ここもいいぞ。


↓ヤムヤムのザンギ弁当はこちらの記事をご覧下さい

tmg4channel.hatenablog.com

 

まったく侮れないレストランです。
ざんぎ定食の他、メンチカレーやカツカレー、つまみ類が人気のようでした。

 

いよいよ今回のメインイベント「温泉」に行く


お腹を満たしたあとはちょっと休憩して、待望の温泉に浸かります。


更衣室は籠と鍵付きロッカーが用意されています。
ロッカーはボストンバッグか30リットルのザックが入る大きさです。
小型のスーツケースは難しいと思います。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506151354j:plain

ドライヤーは無料です。
(マイナスイオンが出るやつでした。)
ティッシュはありますが、温泉施設によくある化粧品や櫛などは置いてないので、各自でご準備下さい。


泉質は2種類です。

 

  • ちょっとぬるめでじっくり入れる、美肌効果ありの硫化泉(硫黄泉)
  • しゃきっと熱め・入った途端に成分の濃さを感じる塩化物泉

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506151529j:plain

最初は体を温め、肌の新陳代謝を促す為に硫化泉にじっくり浸かりました。
体が慣れたら露天風呂(塩化物泉)で半身浴をしてじっくりデトックスです。
寿都の強風がうまい具合に体を冷ましてくれて、いい休憩になりました。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506151552j:plain

婦は長湯が苦手ですぐのぼせてしまうのですが、ここは不思議なことにのぼせることなく「もっと入っていたかったな~。」と感じるほどでした。

 

お風呂上りは二人ともツルツル・ピカピカ!
今回化粧水を家に忘れちゃったのですが、汗をかいてるうちにすぐワセリンを塗ったのが良かったのか、温泉の美肌効果のおかげか、翌日もお肌はもちもちのままでした。

 

夫婦で冷たいものを飲食


風呂上りに夫が何か飲んでいました。
クマ笹(130円)です。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506151628j:plain

f:id:yacchatta-my-life:20190506151647j:plain


南富良野町でも必ず買うし、本当に好きなんだねえ。

多分前世はクマだったんでしょう。

 

婦はソフトクリームのミックスを買いました(250円)。

寝る前なのに甘い物食べちゃうぞ。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506151714j:plain

札幌圏から充分日帰り入浴出来る範囲ですが、わりと観光客は少なく地元の方に愛されている温泉です。
行ったのは日曜の夜でしたが、風呂場も洗い場も全く芋洗い状態ではなく、ゆったり過ごせました。
泉質もいいし穴場なので本当は教えたくないのですが、潰れたら困るので書きます(笑)

 

寿都の道の駅で寝起きする


体が温まったあとは寝る場所へ移動します。

今回車内泊するのは「道の駅みなとまーれ寿都」の駐車場です。
※明るくなってから撮影しました

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506151808j:plain

駐車場の向かいは漁港です。
暗くてわかりにくいですね…。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506151901j:plain

駐車場は明るすぎず・暗すぎず・混んでなくていい具合です。

f:id:yacchatta-my-life:20190506151944j:plain

静かなところがいいと思って一番端に停めましたが、寝てから敷地が斜めなことに気づきました。
停めるなら建物に近い側がおすすめです。

眠気がかなり来てたので、9:30頃眠りにつきました。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506152012j:plain


朝になりました。
夜中の3時頃、激しい雨の音で一度目を覚まします。
「雨か~。トイレ行くの面倒だなあ。」と思っているうちに寝ていました。

 

朝5時に本格的に起床しました。
夫はトイレに行こうかと明け方婦を起こしたそうですが、婦は眉間にシワを寄せて寝ぼけながら「まだ寝る。」と拒否したそうです…。

 

建物1階には24時間トイレがあります。

きれいに掃除され、明るいので入りやすいです。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506152053j:plain

f:id:yacchatta-my-life:20190506152119j:plain


漁港はこんな感じだったのですね。

f:id:yacchatta-my-life:20190506152146j:plain

エンジンをかけて車を温め結露取りをします。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506152229j:plain

ひと晩経ってガソリンのメーターはこんな感じでした。
ほとんど減っていない!さすがフィット。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506152252j:plain

さあ帰ろう


5:30頃出発しました。
寿都町のセーコマ(北海道随一のコンビニ。道内のどんな僻地にも有る)は6時開店なので、さすがにまだ準備中です。
朝早くからありがとう!

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506152320j:plain

 

 

運転し始めて気づきましたが、我々はスウェット上下の寝起きのままでした(笑)

f:id:yacchatta-my-life:20190506152353j:plain

このままでは田舎のヤンキーなので、途中にあった蘭越町の道の駅のトイレで着替えさせてもらいました。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506152519j:plain

 

これでよし!

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506152544j:plain

そのまま国道を快調に走ります。
昨日はベタ凪でしたが、今朝もベタ凪ですね。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506152617j:plain


岩内市街のローソンで朝ごはんです。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506152710j:plain

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506152755j:plain

f:id:yacchatta-my-life:20190506152846j:plain

f:id:yacchatta-my-life:20190506152911j:plain

 

普段朝ごはんは全く食べないか、婦のみ出勤日に軽く食べる程度ですが、車内泊の翌朝はカロリーを欲します。
寒い中車内とはいえ外で寝るので、体力を使うのでしょうか。

 

自宅に向かって順調に進みます。
おお、怪しい儀式(アージング)が出来そうな素敵な浜辺ですね…

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506152946j:plain

 

↓真冬に浜辺でアーシングしてみた記事はこちら

tmg4channel.hatenablog.com

 

いつも渋滞している小樽市街も、混雑する時間帯を避けられたのかスムーズに通過できました。

途中のコンビニで休憩がてら寝床を片付けます。

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506153020j:plain

ガソリンメーターを見てみると、結構減っていました。
燃費がいいので驚くほどの減りではないですが…。

f:id:yacchatta-my-life:20190506153049j:plain

返却時に指定給油所での給油とレシート提出を言われていたので、10リットルだけセルフのガソリンスタンドで先に給油します。

 

結果、ほぼ満タンに近くなりました(汗)
入れてもあと5~6リットルかな?

 

f:id:yacchatta-my-life:20190506153117j:plain

先に自宅に戻り、旅行バッグや寝袋、布団類をおろして座席を整えます。

この後、買い物を済ませたり、ちょっと遠い店で外食してから無事レンタカーを返却しました。

 

 

西帰りの吉方位旅行はどんな効果が期待できる?

 

夫です。

帰って来たので考察してみます。

 

まず、体感として何となく元気になって、自分の話すことが評価されやすくなります。

人と話すことが苦手な人でも、コミュニケーションにそれほどつらさを感じにくくなったり、自分の話したことがなぜかウケたりします。

 

夫の場合は、帰って来てから数日後、リピーター様から仕事をもらいました。

印象的だったのは「いつも丁寧なお仕事ありがとうございます」という感想をいただいたことです。

 

おかげさまで夫はそのようにリピーター様から言われることが多いです。

人によって長所は異なるため、他の人なら性格に応じて「気が利くね!」とか「優しいね!」といった感想になると思います。

 

吉方位旅行の後は普段やっていることが評価されやすくなるため、できるだけ一貫性のある行動をとった方が、変化に気付きやすいでしょう。

 

それと、これは土用が関係していると思いますが、新しい依頼のお話は来るものの、予算面で折り合いが合わずにキャンセルとなったり、音信不通になったりしたクライアント候補と遭遇しました。

リピーター様に好かれ、新規客に嫌われた、といったところでしょうか。

 

4月に西に同会していたのは二黒土星だったので、信頼関係を優先するような運気の流れになったものと推察されます。

これ自体は悪い傾向ではないため、このままの流れで進めていこうと思います。

 

婦の体感としては、新しい職場で働き始めてからようやく仕事を覚えてきて、周囲の人とコミュニケーションを取れる余裕が生まれてきたようです。

いずれにせよ、4月の本当の効果は7月までおあずけなので、もうしばらく夫婦で様子を見てみたいと思います。

 

 

お読みいただきありがとうございます。

 

TMG4